車に関する法律を守る

車に関する法律のルール

法律で考える車のルール

運転免許を取得する時にほとんどの方が通う自動車教習所では法律やルールを徹底的に教えられます。卒業して自分で運転をするとなぜか法律違反する人が続出する箇所があります。・信号のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしている時どうしますか。ほとんどの方が無視して進行しているのではありませんか。これは違反です。一旦停止をして歩行者を渡らせてから進行するのが正しいのです。横断歩道を渡っている人がいるにも関わらず、通行することは歩行者の進路妨害となり違反です。なにげないことでも違反することが多いことを改めて実感し、安全運転を心がけてください。

ルールを守る事は社会に必要

日本は法治国家です。近年ではルールを破る事がアウトローとして格好いい事だとする風潮が出てきましたが、それは決して法治国家の市民としては受け入れてはいけない事です。確かに悪法とも呼ばれる四角四面な法律があるのも事実です。そもそも法律を考えている日本の政治家が、市民生活の現状をあまり理解しておらず、どこかトンチンカンな文章を挿入する事が増えてきました。しかし、だからと言って市民がアウトローを気取って無闇に破るのはいけない事です。そういった人々が増加すれば、世の中のルールが形骸化していき、法による支配ではなく、人治主義、いわゆる権力者が自分の好き嫌いで社会を牛耳る、混沌とした中世の時代に逆戻りしてしまいます。

↑PAGE TOP