営業に関する法律

お店に関する法律を守る

法律とルールと店に関して

お店を営業する時は、法律に則ったルールを作る必要があります。様々なビジネスをするには、契約を結ぶ必要があります。契約内容が良いと、ビジネスはより円滑になります。法律は基本的なルールでもあります。お店を営業する時は、様々な事態を想定することが大切になります。予め様々な場面を想定することで、トラブルを防ぐことが可能となります。契約は様々なことを想定して的確に作る必要があります。事前に様々なことを備えることで、ビジネスに関する知識を深めることも可能となります。契約意識を高めることは、とても重要なこととなります。

ローカルルールのリスク

日本人はモラルとマナーを遵守する国民性を持っていると言われています。実際にスポーツやイベントの時なども、出来る限りゴミを出さないように楽しみますし、災害が起きた時も、略奪や暴動が起きる事はありません。支援物資を受け取る時も、行列を作り、秩序を守った上で物資を受け取ります。ただ一方で日本人の間では良いも悪いも、世間知が重視され、ローカルルールに縛られています。確かにルールが市民の間で遵守される事は素晴らしい事ですが、しばしば地域での取り決めが国全体で定められた法律を無視してしまっている事があります。地域によって法律の解釈や運用法が分かれば、国全体の秩序が乱れてしまいます。近年では世間知が重視されるあまり、地域の長老の鶴の一声で法解釈が変わってしまう等、恣意的な運用が目立っています。

↑PAGE TOP