法律のルールとは

法律に関するルールについて

法律文書を書く際のルール

法律に関する文書のことを指す言葉として法律文書というものがあります。これは身近なもので言うと、例えば契約書や申込書、承諾書などが挙げられますが、書き方において定められているルールはいくつもあります。その内の一つとして、主語の後には必ず濁点の「、」を付けるというものがあります。例えば「甲は、」といった具合にです。また逆に目的語の後ろには「、」を付けません。そして一つの文の中にいくつもの副詞があった場合の順序ですが、例えば契約書などには日時や場所などを記載することが多いですが、その順序は、日時、場所の順になります。

法律は必ず守るルールなのか

法律には、必ず守らなければならないルールと、そうでないものがあります。例えば、刑法については、守らなければ警察に捕まってしまいます。人のものを盗んではいけないとか、人を殺してはいけないというのは、必ず守らなければならない決まりです。しかし、民法などのように、お互いの意思が法律よりも優先するようなものもあります。例えば、民法では配偶者と子供が法定相続人であると定められていますが、遺言によって相続の割合を決めたり、赤の他人に財産を譲り渡すということもできます。このように、必ず守らなければならないルールと、お互いの意思が優先されるような契約の違いを知っておくと、役に立つでしょう。

↑PAGE TOP