遺産分割問題は弁護士

相続問題は弁護士が必要

相続における弁護士の必要性

相続において弁護士が必要となる場合は、遺産分割において争いがある場合、または相続人の廃除など手続きを代行する場合などが考えられます。特に遺産分割では、生前贈与などによる特別受益、事業や介護に協力した場合の寄与分、遺留分減殺請求など様々な主張がなされ、遺産分割協議で合意できない場合も多く見られます。そうした状況において弁護士は、第三者として協議に参加したり、家庭裁判所における遺産分割調停や審判などでも代理人として依頼される事が多いです。

↑PAGE TOP